コンセプト|札幌東区放課後等デイサービスリアン・エンジェル

子供たち一人ひとりの個性大切にし、毎日笑顔ごせるようにサポート

私たちリアン・エンジェルの、「Lien」は絆、「Angel」は子供たちという言葉をそれぞれ表しております。 子供たちの絆を大切に育んでいきたいという気持ちを込めて社名とさせて頂きました。 子供たち一人ひとりが絆で結ばれ、家族や友人を大切に想う子供たちの気持ちと共に成長していきたいという願いから、児童福祉法に基づく障害児通所支援を展開させて頂く会社でございます。

児童デイサービス リアン・エンジェルでは、お子さんたちが学校や学年、一人ひとりの持つ障がいに関係なく自由に友達づくりを行い、周りを気にせず一緒に遊べる居場所と時間づくりを行ってまいります。 お子さんたち一人ひとりの特性の異なる発達に関する障がいは、職員全員がそのお子さんを理解し、それぞれにあった支援の仕方や成長の目標を作ってあげることが、何よりの療育であると考えております。 また、お子さん同士でお互いの障害を理解し、助け合うことで、より良い人間関係を作れるよう、職員共々お子さんの成長の支援に力を入れて取り組んでまいります。

また、お子さんたち一人ひとりがデイサービスでの学習や遊びを通し、自信をもってコミュニケーションや自分の選んだ行動が取れるようになることで、お子さんが成長されたときに少しでも「自分で出来ること」が多くなり、ご家族の皆さんが今後も安心してお子さんとこころ休まる時間を過ごして頂けるよう支援を行ってまいります。

リアン・エンジェルの特徴 - CHARACTERISTIC -

遊びを通してコミュニケーション・豊かな心を育む

友達との遊びの中で子供たちはコミュニケーションの力を育んでいきます。一緒に遊んでいる友達の気持ちを考える、友達とトラブルが起きても話し合って解決できる、迷惑をかけたときには素直に謝り仲直りするなど、様々な場面に遭遇し、乗り越えることが社会性の基礎となります。 大人になるとなかなかできない行動もありますが、子供のうちからさまざまな経験を積んでいくことで、素直な心でコミュニケーションがとれるようになることが期待できます。

多くの友達と遊ぶのが苦手…というお子様でもなんとかその遊びに参加してみるように背中を押してサポートいたしますのでご安心ください。同じ遊びをするにしても、屋外は場所によってさまざまな特徴があり、その遊び場に応じた楽しさがあります。子供たちは、その場所でどんな風に遊んだら楽しいかを、仲間同士で見つけていくことになります。こうした工夫を通して、発想力が磨かれます。

豊富なレクリエーションで有意義な時間を

外で遊ぶと、自然と体全体を使って動くことが多くなるので、遊んでいるうちに自然と体力がつき運動神経が高まっていきます。もちろん、屋内で自由に遊ばせることも体力づくりになりますが、外遊びは屋内遊びでは得られないメリットがたくさんあるのです。 当施設では、夏休みや冬休みなど長期休暇時の貴重な時間をつかって様々なレクリエーションで楽しく遊びます。 「大きなかぶ」をみんなで一緒に引っこ抜いたり、イス取りゲームやハンカチおとしなど趣向を凝らしたゲームで楽しく過ごしましょう。 ここでは、それぞれのゲームのルールを守ることの大切さを教育の基本として取り組んでいます。 スタッフの特技を生かした上記のような活動や外部講師を招いた音楽療法など、お子様たちに楽しく過ごしていただく為、日々努力しております。

当施設でしか体験できない、有意義な時間をぜひ体験してみませんか?

安心安全の送迎サービス

自宅や各学校にお迎えに上がり、帰りはご自宅までお送りさせていただきます。ご自宅前までの送迎に対応しておりますが、立地状況やルートの関係等で場所を指定する場合がございます。送迎サービスをご利用の際、道路状況や悪天候により到着時間や送迎時間が遅れる場合がございます。運転中に車内で車両事故を誘因するような危険な行動が見られる場合や、その他同乗者に危害が及ぶ場合など、送迎サービスのご利用をお断りさせていただく場合もございます。送迎範囲は以下のとおりです。

長期休暇など臨機応変に対応可能

仕事をしている保護者様の事を考え、リアン・エンジェルでは平日だけでなく、土曜日祝日も営業しております。それだけでなく始業式や終業式など学校が早く終わる日や、夏休み・冬休みゴールデンウィークなどの長期休暇にも柔軟に対応しておりますのでお気軽にご相談ください。 土曜、祝日、長期休暇中は、通常活動のほか、普段できない行事や外出などを計画しています。 平日よりも施設にいる時間が長いので、創作活動に加えて、おやつのホットケーキや昼食の調理、近所の公園まで散策したりしています。 ご利用されているお子様が個々の状態に合わせて、まんべんなく多くの体験ができるよう配慮しております。

児童デイサービスとは- WHAT IS CHILDREN'S DAY SERVICE -

発達に心配のある子供や障がいを持つ子供を対象に、療育を行う専門性のある事業の名称です。 児童発達支援事業は小学校就学前の幼児を対象とし、さまざまな発達的視点を持ちながら子どもの育ちをご家族とともに見守ります。 放課後等デイサービスは小学校1年生から高校卒業までの児童生徒を対象とし、発達的視点のほか、自立に向けたさまざまな体験・経験を行います。

例えば、友達とコミュニケーションがうまく出来ない子どもには、子供の小集団に 複数の指導者が仲介に入り、子供同士で「楽しく遊べた」といった経験を積み上げます。

運動面が苦手な子供には、身体を使った遊びを促すなど、それぞれに合った個別支援計画を立て、それを基に様々な療育を施します。

身体・運動能力の向上

身体を動かすことで、脳を刺激し五感に働きかけます。 楽しく運動して元気に活動したり、姿勢を整え集中して話を聞いたり、 豊かな表情、豊かな身振りで強い身体をいっしょにつくっていきます。

個々に合わせた学習

ひとつひとつステップアップし、きちんとわかることで学ぶ楽しさを感じます。豊かな言葉で読む・書くトレー二ングや自立した生活に必要な計算力のほか パソコン・英会話のスキルを身につけます。

社会性能力の向上

グループワークを通して、社会の一員としての自覚をもち自立できる力を身につけます 。 子供達が初めて訪れる場所など個々の思いを共有しコミュニケーションを図りながらその経験や記憶が多くの心の豊かさを育むことができます。

音楽・造形・絵画

リズム運動を通して想像力と表現力を発達させます。 造形や絵画では表現することの喜び、作ることの楽しさが創造力や集中力を育みます。自分の思いをや考えを作品を作ることで表現し、一人ひとりの想像力を広げます。

生活リズムのサポート

日々の生活を送っていく上で、身の回りのことを自立して行えるよう、また日常の様々な場面で、適切な言動ができるようトレーニングしていきます。 整理整頓、身だしなみなどの知識と実践などゆっくりとできることを増やしていきます。

コミュニケーションの育成

子供同士、大人との会話を通し自分を表現する力を身につけます。 喜びや悲しみ楽しさや嬉しさを表現する中で、人間関係を広げるコミュニケーション能力を培っていきます。

Copyright© 札幌東区放課後等デイサービス | リアン・エンジェル